6/8 保育園園内研修会で講義 

去る、6月8日(月)

 

静岡市清水区にある有度十七夜山保育園にて

 

『布育のすすめ

~手指体をはぐくむ・心をはぐくむ布おもちゃ』

 

と題して、園内研修会として保育士さん達に講義をしてきました。

 

 

保育終了後の18:30~

 

園服姿の保育士さんたちが集まってくれました。

 

ぬのいく協会が掲げる

 

『ちゃんと遊べば ちゃんと育つ』

 

を実践するために、遊びの大切さやおもちゃの役割についてお話しました。

 

 

「いちごボール」を例に、どんな遊びができるか、挙げてもらいます。

 

 

それから、遊びを発展させるための保育士の関わり方を話しました。

 

また、

 

「手指体をはぐくむ布おもちゃ」

「心をはぐくむ布おもちゃ」

 

という視点から、たくさんの布おもちゃと遊び方の紹介もしました。

 

 

講義の後は、皆さん、見本の布おもちゃを手に取って、どんな場面で子どもが喜びそうなのか、イメージを膨らめていた様子。

 

今園で使っている布おもちゃとの違いなど、質問もありました。

 

 

今回は、布おもちゃ作りではなく、90分間、みっちり「布育のすすめ」のお話でした。

 

 

園内の職員全員で一緒に聞いてもらうことで、今後の保育を共通の認識を元に見直すことができるし、より実践に活かしやすくなるので、とってもいいなと思いました。

 

最後に園長先生が

 

「コロナのことで大変でしたが、 これからはまた落ち着いて保育に取り組んでいきたい。

 

今日の講義は、1年目の保育士、5年目・10年目と、 経験によって受け止め方はいろいろあると思いますが、 ここからまた、よりより保育をみんなで目指していきましょう」

 

とおっしゃいました。

 

そのきっかけに、布育を取り入れていただき、本当に嬉しく思います。

 

*****

保育士研修会・園内研修会のご依頼を受け付けています。

布おもちゃ作りのほか、遊びやおもちゃについての講義も承ります。

お問合せはこちらからどうぞ!

→お問合せ

 

 


ファースト・トイ・プロジェクト 布おもちゃのある保育室講座 布育おばちゃんプロジェクト