7/18 保育園保護者会で布おもちゃ作り 

7月18日(土)

 

静岡市清水区にある有度十七夜山保育園へ、布おもちゃ作りの講習に行ってきました。

(「うど じゅうしちやさん」と読みます)

 

参加してくださったのは、保育園の保護者のおもちゃ作り係の皆さん。

 

十七夜山保育園では、保護者の皆さんが年1回程度の役割があるそうです。

 

今までは、運動会・お祭り・バザーなど行事のお手伝いが主な活動だったそうです。

 

そんな中、今年、新設されたのがおもちゃ作り係。

 

これまでも、手作りおもちゃを増やしたい!という想いはありつつも、

多忙な保育職員が、まとまった数のおもちゃ作りをする時間を確保するのは難しく、

なかなか取り組むことができなかったとのこと。

 

 

そこで、今年は、保護者会の力を借りて、本格的におもちゃ作りに取り組むことにしたのだそうです。

 

事前に、担当の保育士さんと、希望の布おもちゃについて打ち合わせをさせていただき、

参加人数・所要時間を考えて、材料を用意させていただきました。

 

 

当日は、保護者11名・職員3名の合計14名が参加してくださいました。

 

 

お父さんもお二人参加!

基本の縫い方から説明したので、問題なしです。

今は家庭科の授業も高校生まで男女行動なので、お裁縫の得意・不得意に男女の差ってあんまりないんですよね。

 

良い時代です~

 

 

 

こちらは動物パペット担当の皆さん。

「線の上を縫ったあとの ぬいしろの始末が出来栄えを左右します」

と、説明しているところです。

 

 

 

こちらはいちごボール担当の皆さん。

 

いちごボールはとっても簡単なので、2個ずつ作ってもらいました。

 

 

 

職員の方も参加。

 

一緒に縫ったり、こまごまとした準備を補助していただきました。

 

 

 

さて、14名・2時間で完成したのがこちら!

 

すごくないですか!?

 

 

 

・いちごボール6個

 

子どもの手サイズの動物パペット

・パンダ 4

・うさぎ 2

・コアラ 2

・ぶた 2

 

同じ材料を使っていますが、ちょっとずつ個性があって、みんなかわいいです~

 

ちなみに、お父さん二人は、コアラパペットを担当。

 

 

 

 

こちらは、さかなのモビール

 

いちごボールが完成した皆さんに、作ってもらいました。

 

型紙を描き写して、切って貼るだけ。あとでハンガーに結んで完成です。

 

 

 

保育室で園児たちが喜び、遊ぶ姿が見に浮かびます。

 

布おもちゃは作るのには、少々手間や時間がかかりますが、完成してしまえば、とっても丈夫!

 

これから何年も、保育室で子ども達と遊んでくれます。

 

今日参加してくれた保護者のお子さんが卒園した後も、

ずっと保育園に残って、何十人何百人の子ども達と遊んでくれます。

 

ああ、なんて素敵なんでしょう…

 

…とてもとても温かい気持ちになる会でした。

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

幼稚園や保育園では、様々な形のPTA・保護者会活動があると思います。

 

今回の取り組み、本当に素敵だな、と感動しました。

 

子ども達が毎日過ごす保育室の為に、お父さん・お母さんの手を借りて布おもちゃを作る。

 

もちろん、こういった手作業が苦にならない方に手を挙げてもらって。

 

1年のうちの、たった2時間の活動で、これだけの布おもちゃが増えるんです。

 

 

これは、もっと多くの園で取り組んでみてもいいんじゃないかな?

 

私、喜んでお手伝いに行きますよ。

 

興味のある方は、ぜひこちらから、お問合せくださいね。

お問合せ


ファースト・トイ・プロジェクト 布おもちゃのある保育室講座 布育おばちゃんプロジェクト