9/13 小学6年生の職業体験学習で「かぼちゃボール」作り 

9月13日(木)

静岡市こどもクリエイティブタウン「ま・あ・る」にて、

小学6年生の職業体験学習の一つとして、

布おもちゃ作り講座に行ってきました。

 

作ったのは、「かぼちゃボール」


15名ずつ、2回にわけて行いました。

 

「縫い目は、なるべく細かくしてみてね。」

待ち針を打ったら「なみ縫い」します。

綿とプラ鈴を入れて、 フェルトを切って、ボンドで貼ります。

みんな、丁寧に、かわいくできました。

長方形の布を、なみ縫いするだけで、ボールの形が作れます。

ぜひ、また、おうちの布でも作ってみてくださいね。

 

職業体験学習ということで、

私は、保育士についてと、布おもちゃ作家としての想いなど、お話しました。

 

布おもちゃの展示もして、見てもらいました。

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤講座後の感想よりチューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤~どのようなことを学びましたか?~

 

・おもちゃなどを置いて待つのではなく、音を鳴らしたり、転がしたりして、見せることが大切。

 
・みんなが喜んでくれる役に立つものを作るということは、すごくやりがいのある楽しい仕事だなと思いました。

 
・布でできているおもちゃは、使ってくれる子どもを考えながら作れば、子どもはたくさん遊べ、大人は子どもがもっと好きになれるということ。

 
・ぼくは家庭科とかがきらいだったけれど、この布おもちゃ講座をやって好きになりました。

 
・まちがえたり、わからないところもあったけれど、ぶじ完成してうれしかったし、ゆっこ先生の話をきいて、私もがんばっていけるようにしたいと思いました。

 

・一回やりたい事ができなくても、今までやってきた事や好きなことが役に立って、次にがんばれること。

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 


ファースト・トイ・プロジェクト 布おもちゃのある保育室講座 布育おばちゃんプロジェクト