9/22  『布おもちゃのある保育室講座』~たまひよこっこ~開催しました 

9月22日、

「一般社団法人 布育普及協会」主催の

『「布おもちゃのある保育室」講座』が開催されました。

 

作ったのは「たまひよこっこ」

にわとりのお腹の中から、たまごが出てきます。

出てきたたまごを裏返すと、なんとひよこになっちゃうおもちゃ!

実は、この「たまひよこっこ」

保育雑誌の『新・幼児と保育』2017年12月号(小学館)で、紹介させていただいたもの。

こんな感じのページでした。

この雑誌を見て

 

「作ってみました!」

という子育て支援センターのスタッフの方がいたり

 

「キットはないんですか?作ってみたいです」

という、リクエストをたくさんいただきました!、

 

ご要望にお応えして、キット化してみました。

(まだ、ネットショップでは販売していないのですが、講座では作っていただけます。)

 

今回の『布おもちゃのある保育室講座』でも、真っ先に満席になったのが、この回でした。

ありがとうございます!!

 

にわとりとひよこ、基本の構造は同じなので、講座では、ちょっとだけ手間のかかるにわとりから、作りました。

(講座中の写真、撮るの忘れました~)

 

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤参加者アンケートよりチューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 

・手作りのあたたかみを日常にたくさん取り入れたいと思います。

 

・裁縫は苦手ですが、先生が要所要所ていねいに教えてくださり、作ることができました。

 

・また違うおもちゃも作ってみたいと感じた。

子どものため、自分のためにもなり、良いものを得た。

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 

『布おもちゃのある保育室講座』は、11月から始まる後期の募集が始まりました。

 

また、たくさんの方と、楽しく布おもちゃ作りをして、保育環境や、子どもの遊びについて考えていきたいです。

 

ご参加お待ちしています!

 

後期講座の詳細はこちらから → 『布おもちゃのある保育室講座』後期


ファースト・トイ・プロジェクト 布おもちゃのある保育室講座 布育おばちゃんプロジェクト